心がけ

十分な睡眠がお金持ちを生み出す理由

投稿日:

高度経済成長時代の「24時間働けますか」という文句に代表されるように、日本人というのはモーレツに働くことによって結果を出せるという信仰に囚われています。しかしながら、実際はそうではなく、むしろ十分に眠ることが正しいパフォーマンスを発揮できるのです。今日はお金の話にからめてそんなことをお話してみようかと思います。

少ない睡眠は有害である

まず、寝ないとどうなるかというと、酔っ払った人と同じくらいまともに思考できなくなります

睡眠不足=軽く酩酊!?

衝撃的ですが、以下の東洋経済オンラインの記事に重要な指摘が掲載されています。
「睡眠負債」が招きかねない4つの致命的ミス | 健康 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

1日2時間の睡眠不足が14日間続くと、弱度酩酊状態といって、お酒を飲んで「ほろ酔い」の時の血中アルコール濃度とほぼ同じ脳の働きになるという実験結果が出ています。

飲み会のときのあなたの気分を想像してみて下さい。なんとなくお酒で楽になって、愉しくなって、愉快にこそなりますがそれで生産的な思考ができるかっていったら明らかにできませんよね。

睡眠不足というのはそういった生産性の低下を招くということが研究からすでにはっきりしているのです。睡眠時間を削って頑張るということがいかに無意味かおわかりになるかと思います。

早死するかもしれません

あと、こちらは有名な話ですが、睡眠不足は様々な病気のリスクを高めます。

  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 認知症

例えるなら元気の前借りと言った感じでしょうか。「今頑張る」ために将来を犠牲にする。太く短くな生き方も悪くはありませんが、だからって単に睡眠不足で寿命を縮めるのは賢い選択とは言えないですよね。

そうは言っても睡眠時間削らないと時間足りないんだよ!と思いたい気持ちもわかります。しかしながら、あなたよりずっと結果を出している人に限って、睡眠時間は十分とっているのです。

デキる人は睡眠を十分とっている

かつてはライブドアで時代の寵児だった堀江貴文さんのYoutubeチャンネルです。相談者に対して「睡眠時間は削るな」と一蹴しつつ、ご自身は7〜8時間睡眠であることを語っています。 また、5〜10分のスキマ時間を有効に使うことで、睡眠時間を削らずにパフォーマンスを発揮できるという旨のことを語っています。

このほか、スポーツマンだとサッカーのC.ロナウドや大相撲の白鵬も長時間睡眠を摂ることで知られています。彼らがどのような結果を残した人物かは、わざわざ説明する必要ありませんよね。

というわけで、睡眠時間は絶対削っちゃだめで、長い睡眠を取って起きている時間の生産性を上げることで、ここまでに挙げた成功者の道が少し近くなるというものなのです。

手っ取り早く快眠を得るために

さて、そうなると大事になってくるのは睡眠の質。あれこれ考えて寝付けが悪かったり、夜中に何回も起きちゃう体質の人は、ここまでに挙げたような長時間睡眠を単純にとるのは難しいですよね。

そこで科学の力に頼ってみましょう。

L-テアニンの効果

世の中には機能性表示食品というものがありまして、睡眠の効果や寝付けの悪さの原因となるストレスについても該当するものがあります。

それが機能性食品「L-テアニン」含有サプリ「テアニン快眠粒」です。



L-テアニンの機能性表示として

  • 夜間の健やかな眠り(起床時の疲労感や眠気の軽減)をサポートする機能
  • 一過性の作業によるストレスをやわらげる機能

があることが報告されています(参考: 様式Ⅰ:届出食品の科学的根拠等に関する基本情報(一般消費者向け) - 消費者庁)。

名前が薬っぽいですが薬ではなく機能性食品なので、毎日飲むことができます。これを習慣化することで快眠を手にする可能性が高まり、生産性を上げられる準備が整いますので、あとは起きている間に生産的に活動、バッチリ結果を出して、夜はまたL-テアニンの力を借りて快適に眠る……という習慣を身につければ、睡眠の質を改善しつつ、普段の生活の質も上げられそうですね。

「ストレスをやわらげる機能」が報告されているのが嬉しいところですね。眠ろうとしても眠れなかったら意味がありませんから、一過性のストレスに機能があるというのは良いものです。

まとめ

  • 睡眠不足は百害あって一利なし
  • すごい人は十分な睡眠を取っている
  • L-テアニン
    の機能によって健やかな眠りをサポートしてもらい、起きている時間を生産的に過ごそう

という話でした。よい生活は良い睡眠から。ぜひ試してもらえると幸いです。

-心がけ
-

Copyright© わかものおかねラボ , 2019 AllRights Reserved.