心がけ

お金が貯まるシンプルな3つの原理

更新日:

この間、『バビロンで1番の大金持ち』という本を読みました。この本は古代バビロニアの豪商がなぜ成り上がったのかというのをファンタジー小説のような筆致で書いた面白い本なのですが、その中にシンプルかつ重要で本質的な考え方がありましたので、それに付け加えてお話をしようかと思います。

お金を貯めたい!と思った時のシンプルな原理

本当にシンプルなんですよ。びっくりするくらい。

原理①: 収入の10%を投資に回す

『バビロンで〜』に書いてあった原則というのはこの1つです。あとで書く2つは私の付け加えです。

この見出し、読めば読むほど単純明快じゃないですか。アルバイトの学生だって実行できます。簡単ですので今すぐ実行してみましょう。

とはいえ、「投資ってなんか怖いなぁ」と思うところもあるかとおもいます。そこは、山崎元さんの『超簡単 お金の運用術』を参照すると特定の銘柄に何も考えずに50%:50%で投資するだけで解決しますので、そちらを参照下さい。
(参考: 超簡単お金の運用法を改訂する(上) | トウシル 楽天証券の投資情報メディア)

投資の考え方で強力なのは「複利」というものです。ここでの複利とは、投資で得た儲けをさらに運用に回して、そこで得た儲けを更に運用に……と延々利益を運転資金に回すやり方で得られる利益のことを指します。

たとえば年間利回り3%運用したとして、月1,000円、年間12,000円投資したとしましょう。

  • 最初の1年は12,000円の3%で、12,360円になることが期待される
  • 次の1年は更に12,369円の利回り3%で、24,703円になることが期待される
  • :
  • 10年続けると、139,741円になっている
  • 25年続けると、446,008円になっている

という具合に毎月の投資額に運用益が掛け算されて、倍々で雪だるま式にどんどん増えていくという特性があります。何もしなくても、たった年間12,000円でこのパワーになります。

ちなみにこの金額が年間500,000円だと、25年運用した時2000万円を突破する可能性が出てきます。夢が広がりますね。

そうはいっても原資がないと投資はできません。原資を作るための話を以下で述べていきましょう。

原理② 支出を減らす

はい、基本ですね。

でもみみっちい節約はゴミみたいな金額しか生みません。さきほどの投資の話みたいにガツンと効果のある方法を取ってみるのがよいです。

さらに突っ込むと固定費を徹底的に削減するのがよいです。固定費とは、家賃や通信費などの「何もしなくても毎月一定の金額がかかる支出」のことです。

では固定費をガツンと減らすにはどうするか?具体的には、以下のような案が考えられます。

  • スマホを格安SIMで運用する: 月4,000円くらいの固定費削減
  • 狭い部屋でミニマルに満たされた生活を送る。家賃を月10,000円単位で削減

その他、コンビニに寄らないようにするなど生活習慣レベルでの対策も行うとなお良いでしょう。しかし、格安SIMや家賃を安くするのは難しい意識付けをしなくても簡単に実行できるのでおすすめです。

原理③ 収入を増やす

こちらも基本です。お金が余るためには収入が多いか支出が少ないか、そしてその両方かのパターン以外存在しません。

近年は働き方改革でパラレルワーク(複数のシゴトを掛け持ちする)ことが割とやりやすくなっています。また、ハンドメイドマーケットやクラウドソーシングによる片手間の収入源の確保が簡単な時代に鳴っています。

「収入を増やす」というと複数バイト掛け持ち……みたいな大変なものを想像したり、「サラリーマンだから副業できない」とか難しく考えてしまいがちですが、先程書いたように簡単にできるところから、なおかつ好きなところから始めると効果的です。月1万円くらいなら意外とすぐ稼げますよ。

  • 裁縫スキルを使ってハンドメイドの洋服を販売
  • 趣味の釣りのテクニックをブログに書いて、広告収入で小遣い稼ぎ
  • スキマ時間にネットオークションやネットショップでせどりに挑戦

ほら、こんなふうに好きなこと・得意なことでちょびっと収入を増やせたら、あとはそれをまるっと投資に回せたらすごく盤石な感じがするじゃないですか。おすすめです。

まとめ

簡単にいうと以上の3つの原則を忠実に守ればお金は勝手に貯まっていくよ、という話でした。

  • 収入の10%で投資
  • 支出(特に固定費)を減らす
  • 収入を増やす、できれば好きなことでお小遣い稼ぎをすると続くのでよい

今の収入が少なくても複利パワーでどんどん勝手に増える力がありますので、諦めずにコツコツとやれるところからやってみましょう。

-心がけ
-, ,

Copyright© わかものおかねラボ , 2019 AllRights Reserved.