貯金

500円玉貯金にあんまり意味がない3つの理由

投稿日:

こんにちは。 今日は日本人ならみんな知ってる財テク「貯金」について、あえて「ちょっと待った」をふっかけてみようと思います。

500円玉貯金

500円玉貯金、ご存知ですか? ペットボトルとか貯金箱をつかって、500円玉ないし100円玉でも、硬貨をちょっとずつ貯める貯金テクニックですね。 開けにくい貯金箱をつかったらうっかり使っちゃう心配も無いので、確実な方法だと言えます。 やってる方、私の周りにも居ます。

これ、やってるうちは結構面白いんですよね。

  • 目に見えて成果がわかる!
  • 余ったお金で簡単に始められる!
  • 開封する時のワクワク感がなんともいえない!

ですが、実はこの「500円玉貯金」、今の時代に始めると思いがけない落とし穴が存在するんですよ〜。

それは一体何なのか、次の章で見ていきましょう。

500円玉貯金、あんまり意味がない?

結論から言うとお金を増やすのが目的ならあんまり意味がありません。

1. 貯金の原則に反している

「貯金の原則」ってなんぞや、と思った方もいらっしゃるでしょう。 簡単です。

先に金額を決めて貯金をするのです。

ピンと来ない方のために説明しましょう。 たとえば、手取りが20万円あったとします。このとき、「貯金の原則」に従うと、例えば1万円なら1万円と決めて何かに使う前にすぐ貯金に回してしまいます。そして、残った19万円で生活をする・・・といった感じですね。

ところが500円貯金だと、「余った500円を都度貯金箱にいれる」ということをするので、結局いくら貯金したのかよくわかりません。

お金をいくら使ったのかわからない状態にするのは危険なのはわかりやすいかと思いますが、 お金をいくら貯めているのかわからないというのも危険です。

だって会社なら資産の状況が見えないようなものですから。会社員の方ならわかるかと思いますが、普通半期とか四半期に1回棚卸しをしますよね?それが見えないのです。

お金をいくら持っているかわからないと、もし急な入り用でお金が必要になったとき、どれくらいの余裕があるか見えません。見えるのと見えないのとでは心の余裕が全く違います!

というわけで、把握しやすいかたちでお金を持っておきたいと考えるならば、わざわざ500円玉を適当なタイミングで貯めるという手段に出る必要はありません。

2. 利回りゼロ

貯金という性質上利回りが全くありません

利回りが無いというのは、500円玉を100枚溜め込んでも50,000円にしかならないということです。

「当然じゃん!」って思ったでしょう?ところが違います。世の中の金融資産というのはよくわからないもので、金利とかいうのがついて勝手に増えます。本当に勝手に増えます。全く働かなくても増えます。

増え方はモノによって異なりますが、

  • 普通預金 0.001〜0.01%
  • 定期預金 0.1%〜0.3%(5年)
  • 国債 0.05%(固定5年)
  • 投資信託 3%〜5%(インデックス投資)

くらいです。 普通預金は流石に雀の涙みたいな金額ですが、たとえばこの中で一番数字の大きな「投資信託」を選んだ場合、さきほどの500円玉100枚に相当する50,000円の実績だと、1年間預けると

50,000 × 0.03(3%) = 1,500

なんと何もしなくても1,500円発生する可能性が出てきます。あくまでも期待利回りなので「平均してこれくらい増えるかもよ」という話ですが。

たかが1,500円、されど1,500円、この利益は「複利」という考え方で更に増やせる可能性を秘めているのですが、それはまた別の機会にお話します。

3. 現金硬貨ならではのリスクがある

さて、最後は単純な話ですが、硬貨がジャラジャラしてるともうそれだけで色々面倒です。

  • いくら貯まったのか数えるのに時間がかかる
  • 両替に時間がかかる
  • 出すのに時間がかかる

「その達成感がいいんだよ!」とは言いますが達成感はあってもなくても同じ金額なら同じお金です。だったら、少しでも楽に貯められる方に行って、余った時間を有意義に使ったほうがもっと嬉しい、そう思いませんか?

それにですね、現金というのは銀行口座の数字でもなければ今流行の仮想通貨でもなく、「そこにあるお金」です。つまり、どっかに落として失くしてしまったら終了ですし、その可能性は無いにしても泥棒に入られたら一撃必殺です。

キャッシュカードやクレジットカードは今は不正利用防止のシステムが色々ありますから、まだこっちなら安心なんですよ。

現金盗まれたら文字通り取り返しがつかないことになりかねませんからね。泥棒さんが捕まったとしても、色々面倒が増えますし。その間お金は手元にないことになります。ね、しんどいでしょ?

むすび

というわけで、「現金で貯金してもあんまり貯蓄手段としての旨味はないよ!」というお話でした! * いつどれくらい貯めたのか見えない * 利回りがないので貯めた以上に増えない * 現金で持つリスクがある

特に2番目!個人向け国債とかiDeCoとか色んな便利な金融商品があるのに、敢えて昭和みたいな方法を取るのは機会損失ですよ!

-貯金
-,

Copyright© わかものおかねラボ , 2019 AllRights Reserved.