貯金

貯金できない人が知らず知らずのうちにやっている3つの罠

投稿日:

貯金をすることは、不意のトラブルや目標とする欲しいものを買うといったときに便利ですね。ところがやってみると続かなかったり意外と簡単には行かないなということがわかります。

そんなときは、「次こそは」と意気込むのではなく、仕組みにそもそもの問題がないか見てみましょう。今日はそんな記事です。

やってはいけない!貯金できない人にありがちなこと

まず貯金ができない人というのはたいてい共通点があります。本記事で抑えておきたいのはそのうち、特に多い3つの罠です。

1. 貯金額が決まっていない

正確には目的が定まっていないといいますか、なんとなく貯めてるだけだとなんとなく崩してしまいますよ。必ず貯金額を目標として設定しましょう。

  • 憧れの楽器を買うための20万円
  • 一人暮らしに備えて最初の数ヶ月の生活費をとりあえず50万円
  • 病気したときのために100万円

などなど、色々な目標があるかと思います。ここでのポイントは短期〜中期に焦点を合わせること。あまり長すぎても途方も無さすぎて「どうやったらできるんだろうなぁ」と貯金する気がなくなってしまいますし、何より長い間貯めて貯めてある日突然事故で死んでしまったらなんにもなりません。

あくまでも貯金は転ばぬ先の杖、あるいは目標のための自律であります。「なぜ」「どれくらい」貯めるのかは常に心がけておきましょう。

また、これは最終目標に限らず、月間の貯金額でも一緒です。

「何年でいくら貯めるから、月あたりいくら貯金すれば行ける」という計算を行って、さらにご自分の収入と照らし合わせてそれが不可能な目標になっていないか確認することはとても重要です。

なぜならば無理な目標は単なる願望だからです。妄想したってお金は貯まりません。自分にできる範囲で着実に一歩一歩やっていくことから。貯金に限らずなんだって同じですよね。

2. そもそも収支を把握していない

次に、そもそも自分の収支をしっかり把握できていないので貯金に回すお金が定まっていないというパターンです。

さきほど「目標似合わせて月間の貯金額を決める」と言いましたが、このとき絶対にやらないといけないことがひとつあります。

それは最初に貯金するお金を別の口座などに移動させるということです。

これは、貯金額の情報をどこか別口で管理するということをして、一体いくら貯まっているのか一目瞭然な状態にするのが目的です。アナログですが封筒と帳簿でも同じことができます。

こうすることで何が良いかというと決まった金額を確実に貯金できるというのと、習慣化することで安易に貯金に手を出さなくなるんですよ。最初に貯金をスパっと決めてしまって、さらに金額も別のところに移動させて管理する。こうすることで、必然的に「残ったお金で生活する」という状況が発生し、「まぁ何かあったら貯金に手を出せばいいや」という発想をしにくくなります。

別の口座に移動させる場合さらに強力なのは、銀行の自動振込機能を使うことで何も考えなくてもよその口座に飛ばすということで更に生活費の制限を厳格に運用できるようになる点があります。

これ、本当に強力です。収入の10%でいいので、確実に別の口座に移動させて管理して、あとはほったらかしにするといいですよ。いつの間にか結構貯まっています。

3. 意志の力に頼っている

さきほどちらっと「別の口座に自動で移動させるといいよ」という話をしましたが、この話のキモは仕組み化していることです。

この節でいう「意志の力」というのは、以下のように「自分で気をつける」を土台とする考え方を指します。

  • 今月は使わないように気をつけよう!
  • 今月は口座のお金をこれくらい残すように気をつけよう!
  • 飲み会の誘いは断って、浮いた分を貯金に回そう!

はっきり言いますが無理です。人間の意志というのは、決意したそのときはなんだか出来る気がしますが、24時時間も経てばどーでも良くなっちゃうもんなのです。そして未来のあなたは見事に「気をつける」を放棄してしまう。そして貯金が貯まらない。これを繰り返す。全く泥沼です。

これを回避する方法は、さきほど書きました2番を「何も考えなくても自動で行う」ようにすることです。

  • 銀行のネットバンキングで自動振込の設定をして、給料日に勝手に別の口座に一定金額入るようにしてしまう
  • 別の口座は、銀行ATMが遠くにあったりコンビニだと手数料がかかる「めんどくさいところ」を指定する
  • ネットバンキングのパスワードをいつもと違う感じにして、敢えて忘れがちな状況を作ってしまう

これくらいやると、お金に手を出したい気持ちよりも「めんどくさい」が勝つので、気づいたときにはお金が貯まっています。

この「めんどくさい」は強力ですよ。要らないものを処分したり掃除するのを長い間サボった経験は皆さんにもあるでしょうが、これがなんとお金を貯める方向に働くのですから、実際メリットしかありません。さあレッツ仕組み化。

まとめ

つまりひとことで言えば貯金は仕組み化するのが最強という話でした。

  • 目標金額を定めて、ダラダラ貯金しないようにしよう(貯まったら思い切って使いましょう!)
  • 収入があるタイミングで貯金枠にお金をプールするようにしよう
  • ついでにお金をプールするのは自動化してしまおう

という具合に、考えなくてもいけるように1回作ってしまうと、意志が弱くても確実に貯金を続けられるようになると思います。ぜひ試してみて下さい。

-貯金
-

Copyright© わかものおかねラボ , 2019 AllRights Reserved.